image590.gif

んっ!? ぼくって・・・

我が家のシ〜・ズ〜のゲッツ君の独り言なのだ!
たまにママがお邪魔して僕としては困るのさ☆^∇゜) ニパッ!!

2007年03月21日

心の整理がつきました・・・

ゲッツ1.jpg
昨年の夏・・・ゲッツはお星様になりました。私たちの気持ちの整理がつかぬまま、初彼岸を迎えました・・・ゲッツの弟の『正之信』を新しい家族として向い入れ、やっと、皆さんにちゃんと報告できる時がきました・・・本当は、何度も何度も、ちゃんとゲッツの事を此処に書かなければいけないのだと・・・沢山の人たちがゲッツに会いに来てくれてるのに、PCの前に坐り、ゲッツのブログを開くと、どうしても打つことが出来ませんでした・・・しかし、このブログを閉じるのではなく、今でも、パパもママもゲッツを愛している事exclamation私たちがゲッツから沢山の愛をもらった事exclamation忘れてはいけないから、このまま残すのには、ちゃんと報告すべきだと想いました・・・ゲッツお別れ01 (7).jpg

ゲッツは、2006年8月4日の夜中に事故で亡くなりました。私たちのほんのちょっとの気の緩み・・・私たちのミスでした。自宅から高速で2時間程かかる場所で、ほんの数分の事でした。車に戻ってみると、居るはずのゲッツが居なくなっていて、私たちは懸命に探しました。しかし・・・見つかることなく、一度戻って、捜索願の張り紙を作り再びその場所を訪れたのは明け方近くでした。まるで、私たちの足を止めるように・・・その場所へ行く事を拒まれるように・・・何故か足が重かったのです。私の頭の中は、不安ばかりがよぎって、何故か、『バスタオルを持っていかなくちゃ』って思い車に乗り込んだ事を今でも鮮明に憶えています・・・まだ、暗い中、道も込んでいなかった・・・静かな夜中の街頭の明かりと、お月様の明かりが妙に明るくて、黒いアスファルトの上に横たわるゲッツを見つけたのです・・・車の中では私の叫び声と、パパが急ブレーキをかける車の音・・・横断歩道の上で横たわるゲッツに、パパは走りより抱きかかえて『ゲッツexclamation待っててくれたんだ・・・』私も直ぐに駆け寄ったのですが、『ママは、見ない方がいい・・・タオル持ってきて・・・』って・・・タオルを頭の上に乗せ、私はゲッツの身体をさすっていました。まだ・・・温かかった・・・ほんのちょっと前までゲッツは私たちを探していたのでしょう〜車まで戻ったのでしょう〜暗い中寂しくて寂しくて待っていたのでしょう〜『ごめんね・・・本当にごめんね・・・うちになんって戻らないで、ここにずっといればよかった・・・』私たちは、死ということを考えなかった・・・盗まれたexclamationに違いないexclamationそう想っていた・・・事故とは考えたく無かったのかも知れない。私が、持って行ったバスタオルにゲッツを包んで『ゲッツ・・・お家に帰ろうね・・・・』そういって私が抱いて、自宅に向かいました・・・朝日が眩しくて、運転するパパの腕は、ゲッツの血で染まっていました・・・
自宅に戻り、私たちといつも寝ていたお布団にゲッツを寝かせ、友人たちに連絡し、小さな小さなお通夜をしました・・・お花や、写真、お菓子、玩具・・・パパと二人で小さなお通夜の準備をしながら、ただただ『ごめんね・・・』としかゲッツに言えなくて、友人たちが、次々に訪れてくれて、その時は気がまぎれるのだけど、帰ってしまうと、また、二人で泣く事しか出来なくて。そんな中、火葬場に手配し、小さな火葬場の台の上にゲッツを乗せて最後の別れをし、少しずつゲッツの姿が見えなくなって・・・・もう〜私が私で無くなっていました。私とパパの間には、子供はいない・・・ゲッツは私とパパのかけがえのない息子でした。小さな骨を、小さな骨壷に入れて葬儀は終わった・・・自宅に戻って、パパが祭壇を作り骨壷の中からゲッツの骨を取り出して小さな小さな骨を一つずつ食べた・・・変でしょう?きっとみんな変だと想うでしょう・・・でも、私は、そうした事でゲッツと一つに慣れたような気がしました。愛おしくて、くちゃくちゃにしたいほど可愛くて、一杯一杯愛していたから・・・パパも、ママもゲッツから大切な事一杯一杯教えてもらったから・・・
今でも、お位牌とお骨は自宅にあります。いつか・・・ちゃんとしてあげなくちゃいけないのでしょうが、今しばらくは、このままゲッツを傍に置いておきたいから。ゲッツ・・・パパもママも、今でも貴方は最高の私たちの息子だし、一杯一杯愛してるexclamation×2

弟.jpg
弟の『正之信』ゲッツの血を引いた、正ちゃんですexclamation×2ゲッツの実家に頼み、授けていただきました。両親は年老いているので、出来るかどうか、また、お産も危険を伴うかどうかのせとぎわでした。そして、昨年10月6日5匹のお子が生まれ、正を譲り受けました。生後4ヶ月で我が家に来た正ちゃんは、やはりゲッツの弟、とっても賢い子です。本当に良く似ている。『ゲッツ・・・君はお兄ちゃんになりました・・・ママがお仕事のとき、正ちゃんを頼みますね・・・』

想い出しては、手が止まり・・・
それでも、たらーっ(汗)は出なかったのだけど
打ってる最中にパパからの携帯電話
一気にたらーっ(汗)が溢れ出て・・・
いまだに鮮明に覚えてる、
あの時の事・・・
決して忘れてはいけないexclamation×2
忘れはしない・・・
ゲッツと過ごした日々・・・
私たちを愛してくださった皆様
やっと真実が書けました。
ゲッツのブログは、
このまま残します。
正之信の日々の出来事は
私のつたないブログの方へ
載せて行きたいと思います。

『あなたへ』


本当にありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ
そして、これからも
私たち家族を見守って下さいますよう
よろしくお願いしますm(_ _"m)ペコリ

ゲッツ2.jpg

ゲッツ・・・
パパもママも
君を誇りに想う
ありがとう・・・
愛してる揺れるハート
ゲッツexclamation×2




ニックネーム ゲッツ at 04:35| Comment(21) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする